2013-10-06から1日間の記事一覧

純文学って何なのか、あるいは生と死と性と精子について

ピンチョンの『スロー・ラーナー』を読んでいて、こんな文章に行き当たった。 "ある創作が純文学であるかどうかは、最終的には死に対する姿勢によって決まる" これってどういうことなんだろう。 「純文学」というのは、英語のserious literatureの訳語だ。つ…