2月・3月の活動報告

2月の活動報告(日記)を早速書くのを忘れていた。1月から始めたのに。
とはいえ、仕事ばかりしていたので特に書いておくことも無いような気がする。問題は、日々の記憶がほとんどないというところ。カレンダーを見返してみてもほとんど記憶に残る出来事が思いつかない。
要因は、仕事ばかりしていることと、花粉がつらすぎることと、帰ったら帰ったでずっと酒を飲んでいること。人生が薄まっている。

もう4月に入ってしまったが、いくつか書き留めておく。

仕事面でいえば、同じ案件で働いている先輩のこと。

今入っている案件は2年近く継続して続いていて、僕は昨年7月から参画している。次の契約を全うすると1年もこの会社の案件にいることになる。そのうち半分くらいは新規事業の企画立案。もう半分は経営戦略と経営計画の策定というテーマで、筋の良い仕事ができていると思っている。この1年でだいぶ戦略コンサルの仕事には慣れた。というかかなりスピーディに成長できたおかげで、純粋な戦略作りに関してはもうあまり伸びしろがない状態にあると思う。あくまでデリバリーのプレイヤーとしては、というところだけど。ファイナンスの知識や感覚はまだまだだし、ダークサイドスキルを活かして組織全体をマネージしていくという面ではもちろん伸びしろだらけではある。

ということで、昨年末に転職してきた先輩が同じ案件にはいったのだが、この人がまあ使えない。転職してきて力が発揮できない辛さ、昔できていたことが出来なくなってしまう感覚というのは、まあ僕も経験したしよく分かるのだが、この人の場合コンサルからの転職だ。仕事内容のギャップはないはずなのに、なぜこれほど仕事が上手くできないのだろう。

まず第一に、基本的な戦略コンサル業務のスキルがないこと。戦略コンサルの基本的な仕事といえばリサーチ(主にGoogle検索で筋の良いファクトを見つける)、Excelでのモデリングパワポの紙書きといったところだが、このどれもが上手くできない。というか、仕事を振られてもずっと巨大な方眼ノートになにかの設計図みたいなのを書いているだけでいつになってもアウトプットが出てこず、結果、遅れて出したアウトプットが的外れならまだいいほうで、上司の指示を紙に落としただけ、つまり自分の理解の記述にしかなっていないことが大半であり、全くもってバリューが出ていない。Dueとアウトプットイメージをちゃんと確認する、とにかく手を動かす、クソでもいいから早くアウトプットを出す、といった新人レベルの動作ができないようだ。昔はできたのかもしれないが。たぶん前職がよほど甘かったのか、業務支援に近い高級人材派遣系の仕事をしてきたのだろう。要するに、今の仕事に対してスキルアンマッチな状態だ。

加えて、自己保身の意識が強く、頻繁に嘘を付くこと。これは、転職してきて信頼が得られていない、仕事ができていないといった心理的状況からきていることかもしれないが、かなり目に余る状況になっている。上司も、クライアントも、社内のメンバーからもそう見做されており、やばい状況だと思う。作業量調整、自宅作業などできることはもちろんやっていて、にもかかわらず(心理的な焦りからか)自分で自分の仕事を増やし、他者には謎の元気アピール&仕事してますアピールを繰り返し、無駄なトランザクションを増やしている。

あとは本来持っている気性なのか、易きに流れる傾向はある。上記の嘘つきというのとつながっているのかもしれないが。コンサルという仕事上、どれだけ疲れていてもプロとして振る舞うというスタンスは要求されるのだが、先輩の場合、上っ面をよく見せておけば中身がカスでもいいという本末転倒なスタンスを持っており、ずっと一緒にいると中身が伴ってないのが分かるので評価が下がるという面がある。そのせいか、表面的なコミュ力というか、話の切り返しや相槌は上手いのだが。

こうして見ると、転職して使えない人になる現象の要因は、技術面、心理面、色々ありつつも、要するにスキルアンマッチであるよるようだ。もちろん本人としては出来ると思って転職するのだろうし、会社側も出来ると思って採用するのだろう。実際には両者の仮説が外れることがあって、それが先輩のような苦境を生み出している。

この先輩をどうすればいいのか誰にも分からない。僕も分からない。


あとは、だいぶ暖かくなってきて、花粉に苦しめられている。
一時期は花粉がきつすぎて、ほとんど全ての時間を鼻をすするか鼻をかむことに費やされ、頭を動かすことも手を動かすこともままならず仕事にならなかった。パブロンを飲むと鼻がすっとするのだが、今度は眠気に襲われて仕事にならないという、地獄のような状態だった。

鼻炎用パブロンが一番効くので重用していたのだが、副作用の眠気がはんぱなく、今年になってからは目を閉じた時に夢?幻覚?のようなものを見るようになっていた。液剤パブロンはトリップ用として依存している人もいるくらいらしく、副作用がかなり強いらしい。薬を変えたら、効き目は弱いがだいぶ楽にはなった。


4月からは、7月までの3ヶ月間のプロジェクトが始まる。といっても3月までの続きであり、タスクレベル的にも進捗的にも問題ないので、かなり楽にはなると思う。GWも早速有給を取った。どこか旅行に行きたい。