決断と意識とアルコール

意識とは絶えざる決断の出来なさによって形作られている、という話について。 ある事象に対してAという欲求、Bという欲求、Cという欲求がある。それぞれは互いに排律的で、同時に二つあるいは三つを達成することはできない。たとえばある高校三年生が進路に…

アーティストかエンターテイナーか

ある表現が、攻撃的で先進的で、まだ誰も見たことのない形で、社会のフロンティアに生まれ落ちる。その前衛的な表現は、それを己の世界認識システムに取り込むことのできない大勢を置き去りにして、一部のセンシブルな人々にキャッチされ、芸術とラベル付け…

日記

大雪が降った。 玄関のドアを開けてみてびっくりした。僕の階のフロアが一面、雪に覆われている。普段の雨や、たまに降る雪の日には、この3階フロアまでが何であれ自然の作用に侵食されることなんてない。テレビで10年に一度の大雪だと言っていたが、ほんと…

幻視する力

今日煙草を吸ってるときに思ったこと。 ツイッターをやっていた時、ツイッターのタイムラインを流し見するのはいつも煙草を吸っているときだった。だからツイッターをやめて以降、僕は煙草を吸いながらスマホの画面に俯くかわりに、空を見るようになった。あ…

人の名前と性格の関係って

自分の名前がその人の抱く世界観、あるいは人格そのものを形作ることってあるんだろうか。 本や映画などのフィクションに触れるとき、僕はどうしても登場人物たちに名付けられた名称が気になってしまう。作者の自意識や無意識が避けがたく反映されてるんじゃ…

カルマとしての怪獣と外敵としてのモンスター

怪獣映画における日米での描かれ方の違いについての思いつき。 日本の怪獣映画といえばゴジラで、アメリカのモンスター・パニックスリラーといえばキングコング、エイリアン、あるいはエメリッヒ版ゴジラ。 日本型の怪獣は人間が産み出した悪を隠喩している…

裸になって何も悪くない

時は2009年。草木も眠り、冥王星がひっそりと逆行を始める4月某日の真夜中。 芸能界が誇るトリックスター・草彅剛は、都会の緑地というオーウェル的ダブルスピーク*1をおのれのケツで踏みにじりながら、心して進言した。 曰く、「裸になって何が悪い」。 決…

好きな本を薦めたいと思う人、そうするべきでない人

自分の好きな本を他人にお薦めするのが苦手だ。自分のリコメンドに対して費やされる他人の時間と労力にまで責任を負っているような気がして、構えてしまう。 今年僕は、パワーズやピンチョン、オーウェルなんかの作品から大きな影響を受け取った。読まないで…

【映画】メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2012/11/21 メディア: Blu-ray 購入: 2人 クリック: 7回 この商品を含むブログを見る わがままで子供っぽい王女が試練を乗り越えて…

ネトウヨ話法のおかしみについて

例の帯広市における非実在ナマポ問題を見た。内容としてはべつに見るべきところはない。でも質問者や回答者たちの書き込みが、僕が前から面白みを感じてた文言の見本市のようですごく気になって、たとえばその内の一つがこれ。 帯広のもたぶん裏で何か手を回…

ヒット曲が出せない世の中への贐(あるいは需要分散装置としてのインターネット)

ヒット曲根本の概念は 崩壊してます。 人の選択肢がありすぎて、 共通点が少なすぎる。 “@cawaiicawaii: @godofanimesong 小室さんは時代より一歩先を行ってるから、聞く側がついていかないとヒット曲が出ない。もう小室さんは、ヒット曲作れない気がする。”…

純文学って何なのか、あるいは生と死と性と精子について

ピンチョンの『スロー・ラーナー』を読んでいて、こんな文章に行き当たった。 "ある創作が純文学であるかどうかは、最終的には死に対する姿勢によって決まる" これってどういうことなんだろう。 「純文学」というのは、英語のserious literatureの訳語だ。つ…

【映画】メランコリア

メランコリア [Blu-ray] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/08/03 メディア: Blu-ray クリック: 2回 この商品を含むブログ (15件) を見る 見た人の意見がかなり両極端に分かれる映画みたいだけど、僕としてはかなり面白かった(鬱病の…

【読書録】幸福の遺伝子(リチャード・パワーズ)

幸福の遺伝子作者: リチャードパワーズ,Richard Powers,木原善彦出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/04/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見る 人が遺伝子の影響やウェブ上の世論や自らの運命をコントロールできないのと全く同じように、…

最後通牒ゲームとウォール・ストリート

人は人の顔と相対している時には残酷になれない。ロシア人の誰か曰く、「一人の人間が死ねばそれは悲劇だが、100万人が死ねばそれは統計である」。『戦争における人殺しの心理学』では、歴史上の白兵戦でいかに多くの人々が殺しを避けてきたか、科学が発…

働かなくても飯は食えるけど

例えばの話をすれば、作家という仕事は僕の考える労働の範疇には当てはまらない。色々な雑務や面倒事を片付けたり、気乗りしない時でも顔をぴしゃんと叩いて仕事をしなければならないことがあったとしても、文章を書くのが本来的に好きであることに変わりな…

【読書録】グレート・ギャツビー(スコット・フィッツジェラルド)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)作者: スコットフィッツジェラルド,Francis Scott Fitzgerald,村上春樹出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2006/11メディア: 単行本購入: 23人 クリック: 170回この商品を含むブログ (471件) を見る 「翻…

【映画】ブルー・バレンタイン

ブルーバレンタイン [DVD]出版社/メーカー: バップ発売日: 2011/09/28メディア: DVD購入: 3人 クリック: 22回この商品を含むブログ (51件) を見る 恋の始まりにおいては、往々にして「愛」だけで相手と繋がっている状態であり、それはお互いの些細な欠点を見…

【映画】フライト

フライト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン発売日: 2013/07/19メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (3件) を見る 劇場で見て、DVDでも見た。今のところ今年ナンバーワンクラスの面白さだ…

生命の特殊性に関する覚え書き、あるいは寿司ではない何か

生命は地球に固有の現象だが、それ自体はどうということはない。 確かに昔は僕も、この広い宇宙に地球だけに生物がいるなんて奇跡はありえないと思っていた。 しかし、そもそも生物・生命という概念自体に普遍性はあるのか?オリジナルだが大した思いつきで…

【映画】さんかく

さんかく 特別版(2枚組) [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2010/11/03メディア: DVD購入: 1人 クリック: 181回この商品を含むブログ (47件) を見る とにかくキャストが素晴らしかった。高岡蒼甫も田畑智子も小野恵令奈も最高だった…

【映画】ドラゴン・タトゥーの女

ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日: 2012/11/21メディア: DVD購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (31件) を見る 一回目に観た時は、長くて退屈なつまらない話、音楽と映像はおしゃれだ…

【読書録】氷山の南(池澤夏樹)

氷山の南作者: 池澤夏樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/03メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (23件) を見る フィクショナルと呼ぶしかないレベルでタフな少年、アイヌの血を引くジン・カイザワが、南極海での氷山曳航プ…

【映画】ライフ・オブ・パイ

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日: 2013/06/05メディア: DVDこの商品を含むブログ (6件) を見る 物語が人を生き延びさせたという、物語の物語か。 劇中で華麗な…

【映画】トレーニング・デイ

トレーニング デイ [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2010/04/21メディア: Blu-ray クリック: 5回この商品を含むブログ (8件) を見る 最後、デンゼル・ワシントン演じるアロンゾは”最後にはオレが勝つ”と宣言したとおりに窮地を切…

hi

ya